So-net無料ブログ作成

「ソウル・キッチン」 [★★★★☆]


ソウル・キッチン [DVD]

ソウル・キッチン [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD

原題: SOUL KITCHEN
監督: ファティ・アキン
脚本: ファティ・アキン/アダム・ボウスドウコス
出演: アダム・ボウスドウコス/モーリッツ・ブライブトロイ/ビロル・ユーネル/アンナ・ベデルケ/フェリーネ・ロッガン/ウド・キア
2009年/ドイツ/フランス/イタリア映画
2009年ヴェネチア国際映画祭 審査員特別賞(ファティ・アキン)

★★★★☆

<感想>
レストランを舞台に様々な登場人物がいて...という好きなパターンなので見たんだけど、すごくおもしろかった。
主人公ジノスを始め、お兄さんイリアスやその他のキャラクターも、コミカルだけどどこかリアリティがあって良かったし、逆に料理人のシェインや謎の船乗り居候おじいさんなんかは、リアリティよりもキャラが際立ち過ぎてて、そこがまた良かった。

わりと素直なストーリーで先は読めるんだけど(きっとレストランをお兄さんが売っちゃうんだろうなとか、でも取り戻せるんだろうなとか)、そうなるのにどうやって...のところがさりげなくおしゃれな感じだったり、笑えたりで、すごく脚本がいいんだろうなと思った。

あと何気ないシーンも映し方がかっこよかったり。
全体的にセンスやバランスがいいって感じがした。

特に競売のところとか、すごいおかしかったなー。
ラストの貸切で呼ばれる相手がそうなるんだーとかも、なんか感じ良かったし。

エンドロールのフライヤー風のクレジットもポップでかわいかった。
楽しくて、なんか前向きになれる映画でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「あしたのジョー」 [★★☆]



監督: 曽利文彦
脚本: 篠崎絵里子
原作: 高森朝雄/ちばてつや
出演: 山下智久/伊勢谷友介/香里奈/香川照之
2010年/日本映画
2011年ブルーリボン賞: 助演男優賞(伊勢谷友介)

★★☆

<感想>
原作にも、ボクシングにも何にも思い入れはなかったんだけど、たまたま山下智久主演のドラマ(2012春だったかな)を見ていた頃に気になって、録画してしまったものを今さら見ました。
だから全然おもしろいと思わなかった。
これを見ていることを知った主人も、「意外...」と。
うん、確かに。

刑務所で運命的に出会った2人。
ジョーはクロスカウンターという技を磨き、力石は階級の違うジョーと戦うために限界まで体重を落とす。
そこまで彼らを駆り立たせるものはいったい何なんだろう?

...男のライバル関係と言う名の友情?
そういうのに共感できたとは言い難いし、感情を移入するポイントが全くなくて。

それにしても香川照之の怪演ぶりはすごい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。