So-net無料ブログ作成

「アンノウン」 [★★☆]


アンノウン [Blu-ray]

アンノウン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

原題: UNKNOWN
監督: ジャウマ・コレット=セラ
脚本: オリヴァー・ブッチャー/スティーヴン・コーンウェル
原作: ディディエ・ヴァン・コーヴラール
出演: リーアム・ニーソン/ダイアン・クルーガー/ジャニュアリー・ジョーンズ/エイダン・クィン/ブルーノ・ガンツ/フランク・ランジェラ
2011年/アメリカ/ドイツ映画

★★☆

<感想>
映画冒頭からワクワクさせてくれた。
学会のためにベルリン入りしたドクター・ハリスが事故にあうの。
4日間の昏睡後妻の元へ行ってみると、自分を知らないと言ったり、知らない人物が自分として生きていたり...の謎に、早く先が知りたいって思う。
どうしてこんな大がかりな騙しが行われているんだろう?、それともハリスの妄想なの?どれが本当?って。

そこに偶然助けの手をもらえることになった、旧東ドイツの秘密警察の老人(B・ガンツ、年取ってたー)が出てきて、その期待感がさらに増す感じかな。

だけど美術館で、今まで知らんふりしていた妻のリズが「殺されるわよ」と忠告をくれたあたりから物語の謎が解けて行くと同時に、面白くもなくなっていったような...。

ドクター・ハリスって存在自体が嘘で、彼はその学会で画期的な発表をするブレスラー教授を暗殺する集団の一員だったわけ...。
元々は全て彼が立てた計画だったけど、途中で事故にあったことで代わりが現われて遂行中。
当然映画の展開としては、計画を阻止する...という方向しかないわけ。

そこでハリスは事故にあった時のタクシー運転手ジーナと共にかつての仲間と敵対して、教授を守ろうとするんだよね。
まあそこまではいいや。

でも最後、不法入国してたジーナにパスポートを偽造し、自分もその夫風の名前のパスポートを持って、空港にいるんだよー。
暗殺計画を阻止するために警備の人たちにいろいろばらしてたのに、自首しないんだ、逃げるんだ...ってそこにがっくりしちゃった。
これは映画、エンターテインメントと言えばそうだけど、ちょっとあんまりじゃないかって今回はさすがに思ってしまった。
思わず今後何の仕事して生活していくんだろ?とか現実的なこと考えちゃったもん。

リーアム・ニーソンの「96時間」はとってもかっこ良くて、この映画にもそれなりの雰囲気はあったけど、軽さのバランスが良くなかったのかな。
今回はいまひとつ...一言「強引だな」って感じがしてしまいました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アイ・アム・ナンバー4」 [★★★]


アイ・アム・ナンバー4 [Blu-ray]

アイ・アム・ナンバー4 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

原題: I AM NUMBER FOUR
監督: D・J・カルーソー
脚本: アルフレッド・ガフ/マイルズ・ミラー/マーティ・ノクソン
原作: ピタカス・ロア(「アイ・アム・ナンバー4 ロリエン・レガシーズ」)
出演: アレックス・ペティファー/ティモシー・オリファント/テリーサ・パーマー/ダイアナ・アグロン/カラン・マッコーリフ/ジェイク・アベル
2011年/アメリカ映画

★★★

<感想>
すごいB級感がかえって良かったかな。
好きなジャンルである能力系のお話かと思ってたけど、ちょっと違って宇宙人ものでした。

ナンバー4であるジョン役の男の子が、かっこいいんだけど映画を見終わると顔を忘れちゃいそうな、学園ものにありがちなタイプの子だったけど、スマートな身のこなしとアクションはなかなかで、何となく異星から来た謎の王子さま的雰囲気はあったかな。

ストーリーのうちの学園もの部分は、嫌なやつがアメフト部のエースで、それにいじめられてる子が科学オタクで...と、えっ?てくらい直球な設定だったので、恋の部分含め、見てるこっちが恥ずかしくなるような感じがした。

その分もっとナンバー4を追いかけてくる敵との闘いを堪能したかったなー。
ナンバー6が出てこなかったら、もっとつまんなかったと思う。

出できてないナンバーがあと4人いるので、続編が見たい。
それぞれ持ってるパワーが違うみたいだし、作られるといいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「アジャストメント」 [★★★☆]


アジャストメント [Blu-ray]

アジャストメント [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

原題: THE ADJUSTMENT BUREAU
監督: ジョージ・ノルフィ
脚本: ジョージ・ノルフィ
原作: フィリップ・K・ディック(「調整班」)
出演: マット・デイモン/エミリー・ブラント/アンソニー・マッキー/テレンス・スタンプ/ジョン・スラッテリー
2011年/アメリカ映画

★★★☆

<感想>
若き政治家デヴィッドがエリースと出会い、運命的に恋におちるけれど、「調整員」という人々にことごとく邪魔をされるサスペンス。

ラスト以外はけっこう良かったかな。
調整員という謎の集団...天使というセリフもあったけど、とにかく「議長」と呼ばれる人に仕える組織で、「運命の書」というものを守らせるために、そこから逸脱しそうになった人の人生を調整する組織の存在がシュールでおもしろかった。

どうやって彼らから逃れ、2人は思いを遂げるの?ってハラハラする。
彼らが2度と会えないようにタクシーがつかまらないとか、電話がつながらないとかいう操作があり、それでもダメだと「彼女は君と一緒にいると、有名ダンサーになり世界的な振りつけ師になれることを諦めなくてはならなくなる」という感情に訴えかける作戦をしかけてきたり。

それでも、どうしても、惹かれあう2人は結局一緒に逃亡し、彼らと対峙しようとするんだけど。
その最後の最後が、彼らの熱意に動かされた「議長」が運命の書を書きかえるってのが、えーーー!それあり?っていまいちだったんだけどね。

この映画はいたって大真面目なSFであり、ロマンス映画だけど、この設定でのコメディがいくらでも作れそうな、おもしろいテーマだとは思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。