So-net無料ブログ作成

「プリンセス トヨトミ」 [★]


プリンセス トヨトミ Blu-rayスタンダード・エディション [Blu-ray]

プリンセス トヨトミ Blu-rayスタンダード・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray

監督: 鈴木雅之
脚本: 相沢友子
原作: 万城目学
出演: 堤真一/綾瀬はるか/岡田将生/中井貴一
2011年/日本映画



<感想>
全くおもしろくなかった。
CMやオープニングでの「大阪全停止」のインパクトが強く、その上でのこの謎めいたタイトルだから、すごく期待値の高かった映画だったんだけど、ちょっとひどい...。

東京から会計検査院の3人が、(財)OJOが正しく国家予算を使っているか調査をしに大阪にやって来た。
リーダーの松平が不信感を持ち、執拗な調査を始めると、やはりその裏には大きな秘密が隠されていた。
それは大阪夏の陣で血が断絶されたはずの豊臣家に実は生き残りがいて、その血脈を独立国家''大坂国''の人々が守ってきたというものだった。

...ということなんだけど、話が歴史的で壮大なのに、言いたかったのは「父と子の絆」だけ?
ほのぼのし過ぎているのか逆に意味不明で、オチは?って思いながら映画が終わってしまった感じ。
物足りないの逆で、箱が大き過ぎて中身がみすぼらしく見えたような...。
原作がそうだとしたら仕方ないけど、心温まる部分がすっごく薄っぺらに思えちゃった。
俳優陣は良かったけど、その熱演も空しく...というところ。

大阪の人って「自分たち」が大好きだよねっていう思いだけが強まった感じです(笑)。
あれって大阪の人が見てどう思うんだろう?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「ハンナ」 [★★★]


ハンナ(Blu-ray Disc)

ハンナ(Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

原題: HANNA
監督: ジョー・ライト
脚本: セス・ロクヘッド/デヴィッド・ファー
原案: セス・ロクヘッド
出演: シアーシャ・ローナン/エリック・バナ/ケイト・ブランシェット/ジェイソン・フィレミング
2011年/アメリカ映画

★★★

<感想>
幼い頃から人里離れた森で、暗殺者として育てられたハンナ。
町に出て宿敵を殺すことを決意した後、ずっと敵に追われながらも、文明や同世代の子と出会い、いろんな経験をして行く様子が描かれていくんだけど...。

そのハンナ役に、シアーシャ・ローナンの持つ不思議な透明感は、本当にぴったりだったと思った。
でも良かったのはそれだけかなあ。
自分や死んだ母親をそんな目に合わせたマリッサは、ただ残酷なだけで魅力のかけらもないし(CIAの人なのに頭がいいって気がしない)、父親(エリック・バナ)とのエピソードも含め、ハンナが何でこんなことになっているのか、いまいちよく分からないし。
いや、分かるんだけど、そんな単純なこと?って感じが、どうにも腑に落ちないと言うか。

それに期待しているようなアクションシーンが全然ないの。
ハンナは胎児の時にDNA操作され、いわば暗殺者になるために産まれてきた子なのに、圧倒的な能力とか、敵をバタバタと倒すっていう部分がほとんどなくて。
これでもかってほどのカーチェイスや爆発を見せる映画には確かに辟易してるけど、これは期待を裏切り過ぎ。

最初の雪に閉ざされた森の風景、その後のモロッコやスペインのエキゾチックな映像、父親との待ち合わせ場所であるドイツのグリムの家と呼んでいる家や庭...。
ロケ地はいいし、ざらついた色合いの映像もいいし、音楽もいい(ケミカル・ブラザース)んだけど、肝心のストーリーがねえ...。
ハンナの個性をもっと語ってほしかったのに、全てがイメージ映像みたいなまま終わってしまったような感じだった。

シアーシャ・ローナンを知るきっかけとなった「ラブリーボーン」もいまいちだったし、今回もいまいちの映画だったけど、何だかとっても気になる女優さんなので(18歳)次回はぜひいい作品に出てほしいな。
彼女のことはまた見たい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「サマーウォーズ」 [★★★★☆]


サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray

監督: 細田守
脚本: 奥寺佐渡子
声の出演: 神木隆之介/桜庭ななみ/谷村美月/斉藤歩
2009年/日本映画
2009年日本アカデミー賞: アニメーション作品賞など

★★★★☆

<感想>
2度目の鑑賞。

初めて見た時は普通にいい映画だなと思って、でもなぜかたまにこの映画のことを思い出すことがあったの。
その度に“あの映画良かったよなー”と思いが募った感じ。
で、今回放送されたのでまた見たら、やっぱり良かった。
思いが募った分もあったのか、前回よりも星の数がアップです。

感想は前見た時とあまり変わりなくて、絵の美しさだったり、バーチャルの世界でのコミュニケーションと、現実世界での人との絆との融合が素晴らしいことだったりするんだけど、でも感動の深さが増したって言うのかなあ...。
ところどころで泣けてきて、熱くなるものがあった。

敵と戦うのも、最初は家族の絆のみだけで立ち向かうけど、結局最後は世界中の人々と力を合わせるという、ネット上ならではの結束が見られるのもいい。

家族を大切に...、そしてその延長線上に世界とか地球とかがあるなら、私にも何かできるかもと思わせてくれる、勇気としあわせをもらえる映画だと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「エンジェル・ウォーズ」 [★★★]


エンジェル ウォーズ Blu-ray & DVDセット

エンジェル ウォーズ Blu-ray & DVDセット

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

原題: SUCKER PUNCH
監督: ザック・スナイダー
脚本: ザック・スナイダー/スティーヴ・シブヤ
原案: ザック・スナイダー
出演: エミリー・ブラウニング/アビー・コーニッシュ/ジェナ・マローン/オスカー・アイザック/カーア・グギーノ/スコット・グレン
2011年/アメリカ/カナダ映画

★★★

<感想>
主人公のベイビードールが最初ずっとしゃべらないので、映画ではなく長いPVを見ているような気がした。
もしくはゲームの本編が始まるまでのイメージ映像とか。
ほとんどCGで作られていると思われる映像が、紀里谷さんの作る世界と似ている気がしたし、アイテムを集めて戦うっていうのはまさしくゲームの世界だし、日本のゲームやアニメ、映画なんかに影響を受けてるのかなあ。

お話は継父に無理やり精神病院に入れられたベイビードールが、同じく入れられている仲間と共に逃げ出すため戦うというもの。
そこは精神病院とは名ばかりの一種の男性向けクラブのような施設なので、女の子たちは夜な夜な働かされているの。
ベイビードールももちろん働かせられるんだけど、彼女は曲に合わせてゆらゆら体を動かすだけでその場にいる全員の心を奪ってしまうほどすごいダンスを持っているので、そうこうしてる間に他の仲間がアイテムをゲットすると言うわけ。
その間画面には、想像世界の中で女の子たちが武器を片手に、ゾンビやドラゴンと戦ってるんだけど。

...と文章にすると(文章力のなさもあるけど)、「何のこっちゃ?」だけど、見ている間は何となくふーんって感じでは見れました。
出てくる女の子たちもかわいいし。

だけどこの邦題はセンスがないな。
女の子のコスチュームとかそういうのからのイメージだと思うけど、原題は''不意打ち''だし、かけ離れ過ぎ。
確かに相当オタク感はあるけれど、オタク感を丸出しにし過ぎてると思う...。

想像(妄想)の中での指令役にスコット・グレンが出てて、何となく場をピリリと締める気がしたのは、「羊たちの沈黙」での彼の演技を知っているからかな。
かなり皺くちゃになってたけど、出てくると安心できる存在感でした。
逆にそこだけ現実的だったから、似合わないと言えばそうかもしれない。

お話はともかく映像や音楽がスタイリッシュでかっこよかった。
何回も流れてたビョークの「Army Of Me」は、アレンジが変わってて印象的だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。