So-net無料ブログ作成
検索選択

「トロン: レガシー」 [★★★☆]



原題: TRON: LEGACY
監督: ジョセフ・コシンスキー
脚本: エディ・キッツィス/アダム・ホロウィッツ
出演: ギャレット・ヘドランド/ジェフ・ブリッジス/オリヴィア・ワイルド/マイケル・シーン
2010年/アメリカ映画

★★★☆

<感想>
シリーズ1作目の「トロン」もWOWOWで放送していたので録画してあったんだけど、''それから28年たっての続編だし、きっと観てなくても分かるようにできてるんだろう''って思って観たの。
でもどうやら完全に続編だったみたい。

コンピュータ・システムの中に迷い込むというのはマトリックスと似ているので、世界観は体験済みって感じだったけど、単語がどれがどれだっけ?みたいになかなか覚えられなくて(年だなー)、最後の最後、父子の物語に感動しそこなってしまった感じがするかな。

蛍光の色づかいが象徴的で、映画館、しかも3Dで観たらけっこう圧倒されたかも。
音楽も良かったし、ディスクを使った戦いやバイクなどの乗りものが現れる時の流れるような動きも、単純な分きれいだった気がする。

主役のサム・フリン役の子の声がハスキーで、何となく今どき珍しい気がして好印象。
役柄的にも突然放りこまれた世界なのに、さすが創造主の息子とばかりに戦いなんかでいきなり強さを発揮してしまうところも魅力のひとつだった。
ストーリーと言うよりは映像で良い印象を持った映画ではあったかなあ。

さっき書いたことと重なるけど、「マトリックス」を観たのは今から10年ちょっと前のことだけど、あの頃は現実とコンピュータの世界の行き来も特別不思議に思わず、すんなり頭に入ってきて、世界も体感に近い感覚で理解できた気がする。
でも今はトロンとかクルーとかグリッドとか...、そういうのが何だっけ?ってそればっかり頭の中をぐるぐるしちゃって、感覚で楽しめなくなっているのが自分的に残念なところだなあって改めて思った。
映画館で観てないせいもあるとは思うんだけどね。

「トロン」を観て、また観てもいいかなと思っています。
時間があれば...。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」 [★★★★☆]


X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]

X-MEN:ファースト・ジェネレーション [Blu-ray]


原題: X-MEN: FIRST CLASS
監督: マシュー・ヴォーン
脚本: マシュー・ヴォーン/ジェーン・ゴールドマン
原案: ブライアン・シンガー
出演: ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ケヴィン・ベーコン/ローズ・バーン/ジェニファー・ローレンス/ニコラス・ホルト/オリヴァー・プラット
2011年/アメリカ映画

★★★★☆

<感想>
やっぱり大好きなシリーズだなー。
様々な能力を持ったキャラクターが出てくるけど、その役を作る脚本家の想像力が楽しい。
こういう話を見るたびにいつも「私だったらどれがいいかなー」と考えちゃうけど、私はどちらかと言うとダークな感じの方が好きかもしれないな。
この映画で言うと、プロフェッサーXのことはちょっと偽善に感じてしまうかも。

今回はプロフェッサーXとマグニートーの若い頃に時をさかのぼって、どうやって2人が出会い、共に戦い、そして離れることになったのかが描かれているの。
元々の作品につなげるための部分もあるからちょっと強引かなとつっこめるようなところもあるけれど、それはそれで楽しかったと思う。

特にビーストのところは全然気づかなかったので(一緒に見ていた主人は途中で気づいてた、すごい)、へーっ!!って感じ。
ミスティークもそうだったんだーとか。

いちばん最初の「X-MEN」よりも能力の高い人が多いんだよね。
映画撮影の技術が進んだり、オリジナルを離れたストーリーだったりのせいもあると思うから、いつかまた作品をリメイクしてほしいなあと思いました。
ヒュー・ジャンクマンのウルヴァリンは捨てがたいけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「ツーリスト」 [★★★☆]


ツーリスト [Blu-ray]

ツーリスト [Blu-ray]


原題: THE TOURIST
監督: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー
脚本: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー/クリストファー・マッカリー/ジュリアン・フェロウズ
オリジナル脚本: ジェローム・サル(映画「アントニー・ジマー」)
出演: アンジェリーナ・ジョリー/ジョニー・デップ/ポール・ベタニー/ティモシー・ダルトン/スティーヴン・バーコフ
2010年/アメリカ/フランス映画

★★★☆

<感想>
アンジーとジョニー・デップ共演のミステリー
リメイクとだけ知っていたので、映画を見ながら「きっと昔やっぱり往年のハリウッド・スター共演で描かれたのかしら?古典的でおしゃれ!」なんて思ったら、全然!
2005年のフランス映画のリメイクだった。
だとするとちょっと古臭い気もするけれど...?

でも私はアンジーの気品あふれる美しさを見れただけで全然OK。
いつもはセクシーでタフとかセクシーでワイルドみたいな役が多いから、こういうゴージャスな感じもとてもステキでした。
ジョニー・デップも久しぶりにメイクなしの人間役で観たけど(笑)、パジャマで屋根の上を逃げ回るとか、いきなりセンスのいいパリッとしたフォーマルを来て現れるとか、かっこいいコミカルな演技も楽しかったな。
あとはベネチアの風景。
たまにある空撮によるベネツィアの風景は格別。

今思えば、途中からエリーズをやたら助けたがるフランクに変わったことは、最後のオチにつながってると思うんだけど、私は全然気づかなかった。
さっき書いたように、ジョニデのコミカルな演技に素直にやられて、ただただ今まで出会ったことのないゴージャス美女に魅せられた平凡な男ががんばってる...としか思えなかった。
だから大どんでん返しをしっかり味わうことができたし、だからこそ昔懐かしハリウッド映画的おしゃれさを感じられて楽しかったのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「宇宙戦争」 [★★★]



原題: WAR OF THE WORLDS
監督: スティーヴン・スピルバーグ
脚本: デヴィッド・コープ/ジョシュ・フリードマン
原作: H・G・ウェルズ(「宇宙戦争」)
出演: トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ジャスティン・チャットウィン/ティム・ロビンス/ミランダ・オットー
2005年/アメリカ映画
2005年放送映画批評家協会賞: 若手女優賞(ダコタ・ファニング)

★★★

<感想>
民放でやった吹き替え版だけど、つい見てしまいました。
しかも映画館で観た時、かなりつまらないって思っていたのにもかかわらず。

初めて観た時は、トム・クルーズとスピルバーグの映画ってことで、どうしても期待してしまっていたの。
今回のトムの役どころは普通の父親だし、いきなり現れた宇宙人に対して何もできないことは分かっていても、「トム!いつ目覚めるんだ?!」みたいなことをどうしても思ってしまって、何もできず逃げ回るレイ(トム)にがっかりしてしまった...というのが正直なところ。

でもそういう(身勝手な)残念さを知って見ると、かなり忘れてるストーリーの先行きが意外なくらい気になって、結局最後まで見ちゃったんだよね。
それに手榴弾をしかけたし、カラスが宇宙船に止まっているのを見て「シールドが解けてる!」って軍隊に教えたり、けっこう活躍してるじゃんとも思えたし(笑)。
微生物に助けられていたっていうオチも忘れていたから、最後の最後まで楽しめました。

視点が変わるって大事だね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。