So-net無料ブログ作成

「グリーン・ホーネット」 [★☆]


グリーン・ホーネット [Blu-ray]

グリーン・ホーネット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

原題: THE GREEN HORNET
監督: ミシェル・ゴンドリー
脚本: エヴァン・ゴールドバーグ/セス・ローゲン
原作: ジョージ・W・トレンドル
出演: セス・ローゲン/ジェイ・チョウ/キャメロン・ディアス/クリストフ・ヴァルツ/トム・ウィルキンソン/ジェームズ・フランコ
2010年/アメリカ映画

★☆

<感想>
映画のCMを見ておもしろそうだと思って見たんだけど、はずれ映画でした。
子どもの相手しながら見て、それでいいやと思わせる緊張感のなさ。

ジェイ・チョウ演じるカトーは、なかなかクールなアジア人で良かったけど、主役のブリット・リードがただのはちゃめちゃな男にしか見えず、何で悪役を装ってまでヒーローとして正義を追求しようとしているのかいまいち理解できなかった。
コメディなのかもしれないけど、そう言うにはおもしろくもないし、最初はかっこ良く思えたカトーの作るメカ(ブラック・ビューティーなど)も、例えばバットマンみたいな「おー!」って唸るようなところまではいかないというレベルかな。

端役でエドワード・ファーロングが出てることを後で知ったけど、巻き戻してまではいいやと思ったのでどんなになっていたかは未確認です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「チーム・バチスタの栄光」 [★☆]


チーム・バチスタの栄光 [DVD]

チーム・バチスタの栄光 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD

監督: 中村義洋
脚本: 斉藤ひろし/蒔田光治
原作: 海堂尊(「チーム・バチスタの栄光」)
出演: 竹内結子/阿部寛/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/井川遥/田中直樹/佐野史郎
2008年/日本映画

★☆

<感想>
原作も読み、ドラマも見てしまった後の映画鑑賞。
やっぱり主役の田口先生は男性の方が良い気がするなー。

全体的にもいろいろな部分が物足りないなーと思いながら見てしまいました。
でも阿部寛はやっぱりいい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「トゥー・ラバーズ」 [★★★]


トゥー・ラバーズ [DVD]

トゥー・ラバーズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

原題: TWO LOVERS
監督: ジェームズ・グレイ
脚本: ジェームズ・グレイ/リチャード・メネロ
出演: ホアキン・フェニックス/グウィネス・パルトロー/ヴィネッサ・ショウ
2008年/アメリカ映画(日本未公開)

★★★

<感想>
ホアキン演じるレナードはかつて自分の遺伝子的な病気のせいで婚約破棄をされた過去を持つ男で、そのショックから立ち直れず自殺未遂を繰り返しているみたいなの。
そんな風に確かに暗い過去や精神的病を抱えているんだけど、ホアキンが持つ雰囲気が必要以上に暗くて、ちょっとやり過ぎって感じなくらい。

そんな彼を思うサンドラという女性が現れるんだけど、ほぼ時を同じくして同じアパートにミシェルという女性も現れるの。
レナードは圧倒的にミシェルにひかれつつ、届かない思いを抱えながら、その反動みたいにサンドラとの恋を進行させていくのね。
こんな一見男の都合のいい話も、さっき書いたようなレナードのおどろおどろしいくらいの暗さのせいで、何か深遠で、とにかくどっちかとうまくいって!と応援したくなるから不思議です。

だから空気感はとてもいい感じの映画だったんだけど(ヨーロッパ系の映画祭でノミネートされてるけど、いかにもって感じの雰囲気)、でもちょっと待って!とも思っちゃう。
特にラスト、その指輪渡しちゃうのかって、当然つっこみたくなるし。
だけど、サンドラに愛されてるんだからいいじゃん、愛される幸せを感じて強く生きて!とも思えるし...。
そういう意味でも何とも不思議な映画でした。

グウィネス・パルトローファンなので、彼女出演ということで見たんだけど、彼女の美しさは満喫できました。
純粋で身勝手な、でも本人は無意識だから悪気がないというたちの悪いミシェルという役をサラリと演じていたように思います。
何だか前に彼女が演じた「大いなる遺産」のエステラ役を思い出しちゃった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「ソーシャル・ネットワーク」 [★★★★]


ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]

ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

原題: THE SOCIAL NETWORK
監督: デヴィッド・フィンチャー
脚本: アーロン・ソーキン
原作: ベン・メズリック(「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」)
出演: ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/アーミー・ハーマー/マックス・ミンゲラ
2010年/アメリカ映画
2010年アカデミー賞: 脚色賞(アーロン・ソーキン)/作曲賞(アッティカス・ロス/トレント・レズナー)/編集賞(カーク・バクスター/アンガス・ウォール)(作品賞ノミネート)
2010年ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)など他多数

★★★★

<感想>
かなり見応えのある映画だったと思います。
ウィンクルボス兄弟&ディビヤとエドゥアルドに訴えられ、その内容を説明するという形でfacebookの誕生とマーク・ザッカーバーグという世界最年少の億万長者についてが語られる映画で、早いテンポで進む展開とは対照的にずっとふてぶてしいマーク演じるジェシー・アイゼンバーグがとても良かったと思う。
アカデミー主演男優賞にノミネートされるのも分かる気がした。

実際のザッカーバーグさんが結局どんな人なのかは知らないけど、facebookというサイトを作るきっかけになった事件が、つき合っていた女の子への嫌がらせだったように、複雑なプログラムは書けても人間性としては単純で子供じみたところがあるのかもしれないって見ていて思った。
だから嫌なやつには思えなかったし、エドゥアルドとの壊れた友情も彼に悪気があったのではなく、エドゥアルドが疎ましく思っていたショーン・パーカーが逆に彼を疎ましく思って...のぐちゃぐちゃに巻き込まれただけなのかもって気がしてしまいました。

ユーザーがハーバードだけでなく他の大学→西海岸→そして世界へと広がり、ユーザーが100万人を超えたエピソードももちろん出てくるんだけど、この映画はそういう成功にはあくまで距離感を保って淡々と描いているせいで、逆に見やすさやおもしろさが増していたように思う。
だからと言って登場人物の人間性にべったり特化しているわけでもない、その絶妙バランス感覚のある演出がただの伝記物語でない魅力ある映画に効果的だったのかなーなんて思ってます。

facebookは私もユーザーになって1年がたつけれど、あまり熱心にやらなくなってしまいました。
mixiのような匿名性がそんなに好きじゃないのでFBユーザーになったんだけど、だいたい友だちが少ないし、みんなにお知らせするような大した日常を送ってるわけじゃないのが敗因かも。
私の数少ないお友だち、みんなキラキラしてるから恥ずかしくって(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。