So-net無料ブログ作成

「ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島」 [★★★☆]


ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 [Blu-ray]

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

原題: THE CHRONICLES OF NARNIA: THE VOYAGE OF THE DAWN TREADER
監督: マイケル・アプテッド
脚本: クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー/マイケル・ペトローニ
原作: C・S・ルイス(「ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島」)
出演: ジョージー・ヘンリー/スキャンダーケイン/ウィル・ポールター/ベン・バーンズ/リーアム・ニーソン(声)/サイモン・ペッグ(声)
2010年/イギリス映画

★★★☆

<感想>
今回はスーザンとエドマンド、そしていとこのユースチスがナルニアに行くお話で、時代は前作とほとんど変わらないのでカスピアンもいます。

毎回感じていることだけど、ナルニアは最近映画化されているハリー・ポッターやロード・オブ・ザ・リングなどのファンタジーに比べると、原作が完全に子ども向けなんだなって感じる。

だから冒険や戦いじたいはどうしても単純で、あまりハラハラドキドキしたりはしないんだ。
それでも今回は、戦う相手が自分の精神的な内側(欲望や恐怖)だったから、今までよりは感動もできたけれど。

ユースチスが本当に腹の立つ、かわいくない男の子なんだけど、ねずみの騎士リープ・チープとの友情を育みながら成長していくのが良かったです。

最後、アスランの国の手前の海辺のシーンは映像がとてもきれいで、それも感動に一役買ってたかな。
波がチューブになる直前みたいな感じでずっと高さを保っているのに落ちてこないのが、不自然だからちょっと気持ち悪かったけど(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛」 [★★★☆]


ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 [Blu-ray]

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

原題: THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN
監督: アンドリュー・アダムソン
脚本: アンドリュー・アダムソン/クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー
原作: C・S・ルイス(「ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛」)
出演: ベン・バーンズ/ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージー・ヘンリー/リーアム・ニーソン(声)
2008年/アメリカ映画

★★★☆

<感想>
カスピアン王子ステキでした。
...が、お話はまあまあってところ。
おじの裏切りにより命を狙われるカスピアン王子、そしてカスピアンがかつて自分の一族が絶滅させたはずのナルニア人たちと共に対抗する...。
ちょっとありがちと言うか、王道過ぎると言うか。
それに協力するためにロンドンから舞い戻った4兄弟だけど、そんなに見せ場もないし。

いつアスランが出てくるの?結局アスランが出てこないと話にならないじゃない?ばかり思ってしまい、出てきた時はおーって感じだったけど、冷静に考えると物語の前後に深みがない感じがしちゃって。

それにしてもルーシーが大きくなっていてびっくり。
顔はそのままの雰囲気だったけど、背が高くなっちゃってすっかりお姉さんなの。
つい自分の娘を重ねてしまったよ。
あんな風にあっという間に大きくなっちゃうのねー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

「ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女」 [★★★★]


ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

原題: THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE
監督: アンドリュー・アダムソン
脚本: アンドリュー・アダムソン/クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー/アン・ピーコック
原作: C・S・ルイス(「ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女」)
出演: ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージー・ヘンリー/ティルダ・スウィントン/ジム・ブロードベント/リーアム・ニーソン(声)/ルパート・エヴェレット(声)
2005年/アメリカ映画
2005年アカデミー賞: メイクアップ賞など

★★★★

<感想>
このナルニアシリーズで唯一原作を読んでいる分のストーリー。
少ない挿絵から想像していた以上の世界が広がっていた映画でした。

とにかくルーシーがかわいい。
いちばんの小さい女の子なのに、いつも鍵を握っている感じ良いです。
逆に次男のエドマンドがいかにも...なくらいむかっとくる。
白い魔女にもらうおかしをむしゃむしゃと食べる冒頭のシーンが印象的かな。
その白い魔女役のティルダ・スウィントンの中世的な冷たさが、この役に似合っていました。

でもやっぱりアスラン!
美しく気高く本当にかっこいいんだ。
その他の動物たち(半動物たちも)リアルでわくわくした。

今後はこの4兄弟だけが出てくるわけじゃないらしいけど、どうなっていくのか楽しみです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。