So-net無料ブログ作成

「パトリオット・ゲーム」 [★★★★]


パトリオット・ゲーム スペシャル・エディション [Blu-ray]

パトリオット・ゲーム スペシャル・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray

原題: PATRIOT GAMES
監督: フィリップ・ノイス
脚本: W・ピーター・イリフ/ドナルド・スチュワート
原作: トム・クランシー(「愛国者のゲーム」)
出演: ハリソン・フォード/アン・アーチャー/パトリック・バーギン/ショーン・ビーン/サミュエル・L・ジャクソン/ポリー・ウォーカー
1992年/アメリカ映画

★★★★

<感想>
当時けっこう好きだと思った作品で、久しぶりに見ました。
「レッド・オクトーバーを追え!」に続く作品で、ジャック・ライアンがCIAに復帰するきっかけを描いているもの。
私はその後に続く「今そこにある危機」を含めても、これがいちばん好きだったかも。

話のバックグラウンドとしては、IRAのテロ組織絡みを描いているんだけど、本筋は偶然王族を襲った現場に居合わせ、英雄となったジャック・ライアンに弟を殺されたショーンが、執拗にライアン一家を追い詰めていこうとするもの。
最後は一味のリーダーであるケヴィンを殺しちゃったり、組織の一員としての役目を忘れた男の暴走劇になってしまってはいて、単純だったりするんだけどね。

複雑な映画に慣れつつある今だと、物語にちょっと物足りなさを感じないわけじゃないけれど、でも絶対に家族を守ろうとするジャック・ライアンがやっぱりかっこいい。
今の映画みたいにCGとかいろいろ加工がない作りも、よりリアリティがあるようにも見えたし。
そういう意味では、昔懐かしの良き映画だと思いました。

「トランスフォーマー/リベンジ」 [★★★]


トランスフォーマー/リベンジ [Blu-ray]

トランスフォーマー/リベンジ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray

原題: TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN
監督: マイケル・ベイ
脚本: アーレン・クルーガー/ロベルト・オーチー/アレックス・カーツマン
出演: シャイア・ラブーフ/ミーガン・フォックス/ジョシュ・デュアメル/ジョン・タートゥーロ/ピーター・カレン(声)/ヒューゴ・ウィーヴィング(声)
2009年/アメリカ映画
2009年ラジー賞: ワースト作品賞/ワースト監督賞(マイケル・ベイ)/ワースト脚本賞

★★★

<感想>
こういう映画は家で見ちゃだめだなあと改めて思った作品。
家のテレビは小さくはないけど、画面いっぱいにトランスフォーマーたちがたくさん出てくると、もう誰が誰やら全然わからなくて、カラーがついてるのはいい方だなとかそんなレベルで見るしかなくなってる。
メガトロンはちょっと色がついてるからもう...って感じ。

「トランスフォーマー」の第2弾なんだけど、話はまあまあおもしろかったような。
ラジー賞の作品賞取ってるけど、期待値が高過ぎての結果なのかなあ。
私はそんなにひどいとは思わなかったけど。
さっきも書いた通り、映画館で見てたらもうちょっと楽しめたかもなあとさえ思うし。

最後3作目も大ヒットみたいだったし、これも結局テレビで見ることになっちゃうけど楽しみです。

「借りぐらしのアリエッティ」 [★★★★]


借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

  • 出版社/メーカー: スタジオジブリ
  • メディア: DVD

監督: 米林宏昌
脚本: 宮崎駿/丹羽圭子
原作: メアリー・ノートン(「床下の小人たち」)
声の出演: 志田未来/神木隆之介/大竹しのぶ/三浦友和/竹下景子/樹木希林/藤原竜也
2010年/日本映画
2010年日本アカデミー賞: アニメーション作品賞

★★★★

<あらすじ>
小人の少女アリエッティは郊外の広大なお屋敷の床下に、父ポッド、母ホミリーと3人で暮らしていた。
一家の生活に必要なものは、上に住む人間から気づかれないようにこっそりと借りて暮らしている。
人間に見られないように気をつけて生活していたが、ある日心臓病の療養のためにやってきた少年、翔に姿を見られていた。
初めての''借り''の日にも姿を見られてしまい、その日以来翔がアリエッティに近づいてくるようになった。
アリエッティは自分のせいで住み慣れた家を離れなくてはならなくなったことに責任を感じ、そんな翔に向かっていく...。

<感想>
アリエッティたちが床の下で、どんな風な道具を使っているのか、そういう暮らしの描写がとても興味深かった。
人間の道具をそのまま使っているものもあれば、加工してるものももちろんあり、そういうのはどうやって作ったんだろう?とか考えたり。

翔との関係もほんわかしてて良かったなあと思って。

ただ、あのお手伝いの人は何がしたかったんだろうっていうのは気になった。
顔がジブリものの悪い方特有のカエル顔をしてたから、何かやらかすなというのはすぐに分かったけど、部屋に鍵をかけたり執拗にみんなを捕獲しようとしたり。

映画を見終わった後キッチンに入った時、家には持って行きたくなるような魅力的なものがあるかなあーなんて考えちゃった。
あんな風な人たちがいて、知り合いになれたら楽しいだろうな。

「グリーン・ゾーン」 [★★★☆]


グリーン・ゾーン 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】

グリーン・ゾーン 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

原題: GREEN ZONE
監督: ポール・グリーングラス
脚本: ブライアン・ヘルゲランド
原案: ラジーフ・チャンドラセカラン
出演: マット・デイモン/グレッグ・キニア/ブレンダン・グリーソン/ハリド・アブダラ
2010年/フランス/アメリカ/スペイン/イギリス映画

★★★☆

<あらすじ>
フセイン政権陥落直後のイラクで、ロイ・ミラー准尉は大量破壊兵器の発見に全力をあげていた。
しかしその情報はいつも偽りで、真相に辿り着かず、ミラーは何か裏があるのでは...と疑い始める。
そんな時、偶然出会ったイラク人フレディの情報により、アル・ラウィという将軍の動きをつかむ。
CIAのブラウンの協力の元調べを進めるうちに、本当は大量破壊兵器はなかったにも関わらず、戦争を始めたのでは?という想像に辿り着く。
そしてその情報の捏造元は、国防総省の高官パウンドストーンである可能性が高かった。
その事実を確かめるべくラウィ将軍に接触をはかるミラーだが...。

<感想>
あまり期待していなかったけれど、緊張感やサスペンス要素もあり、ただの戦争映画という感じがしなくて楽しめた。
これが実際の話ならひどいよね。
マット・デイモンの正義感も説得力がある。

だけど、いちばん印象的だったのは協力者イラク人のフレディの存在。
特に最後、ミラーの「戦争のきっかけとなった大量破壊兵器は本当はなかったのでは?」という、自分の国に対する疑惑の答えを握るラウィ将軍をフレディが殺してしまったシーン。
証人を殺されたミラーが「なぜ殺した!」と叫んだのに対し、フレディは「あんたたちにこの国のことは決めさせない」と言うんだよね。
確かにミラーの行為は正義感にあふれているようにも思えるけど、実際イラク人からすればどれもこれもがおせっかいに感じてしまうのも事実だと思った。

その辺の描き方の距離感にも好感を持てました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。