So-net無料ブログ作成

「しあわせの隠れ場所」 [★★★★]


しあわせの隠れ場所 [Blu-ray]

しあわせの隠れ場所 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

原題: THE BLIND SIDE
監督: ジョン・リー・ハンコック
脚本: ジョン・リー・ハンコック
原作: マイケル・ルイス(「ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟」)
出演: サンドラ・ブロック/クィントン・アーロン/ティム・マッグロウ/リリー・コリンズ/ジェイ・ヘッド/キャシー・ベイツ
2009年/アメリカ映画
2009年アカデミー賞: 主演女優賞(サンドラ・ブロック)など他多数(作品賞ノミネート)

★★★★

<あらすじ>
南部の裕福なテューイ家のリー・アンは、ある日路頭に迷っている黒人青年マイケルと出会う。
彼は身寄りも家もないところを彼女の家に招かれ一晩を過ごすが、リー・アンは彼の境遇を放っておけなくなり、そのまま住み続けさせることになった。
テューイ家の全員が彼を温かく受け入れ、マイケルも初めての家族に心を開くようになっていく中、彼はアメフトにたぐい稀な才能を発揮。
あらゆる大学からオファーを受けるようになった。
リー・アンは彼の後見人になることを決意し、そのために奔走する...。

<感想>
終わった後じわじわと涙がこぼれました。
嘘みたいに善意にあふれるお話で、心が温まります。
しかも実話なんだそうで...。
こういうことがあるんだなー、すごいなーと思います。

映画の中にもいたけれど、中には「偽善」とか「自己利益のため」という人もいるのかもしれない。
マイケルにはたまたまスポーツの才能があったけど、他の貧困層はどうするんだ?みたいな意見も...。
でも私はそんな風には考えなかったかな。

マイケルのように父親は誰だかも怪しく、母親がドラッグ中毒でスラム街に住んでいると、多くがギャングみたいな暴力の世界に生きなくてはいけなくなるんだろうけど、彼はそうならなかった。
その性格がまず才能だったんじゃないかと思う。
才能があるなら見いだされてほしいし、そこに偶然現れたリー・アンも特にキラリと光るものをいきなり見つけたわけじゃないにしろ、彼の風貌に何か惹かれるものがきっとあったんだと思う。

ちょっと乱暴な言い方ではあるけど、誰かを救うことが仮に偽善だったり、優越感だったり、売名行為であったとしても、助けてもらう側が「良かった」と思えれば、それ自体は素晴らしい行為なのではと思ったりもします。
偽善だなんだって言ってるだけで、何もしないよりはずっといいような気も...。
それに多くを助けることだけが慈善の全てじゃないしね。
まあ、見ている最中はそんなことは考えなかったくらい、テューイ家の善意を自然に受け入れていたけれど。

その要因は彼女の子どもたちのおかげかも。
長女のコリンズは学校でいろいろ言う子がいる中、マイケルに対して堂々と優しい。
弟のSJは全身からマイケルのことが大好きというのが伝わってくるくらい、仲良しだし(彼のプレイ映像を各大学に送っている)。
どうしたらこんな子たちが?と思えるほどです。

エンドクレジットで流れる実際のマイケルやテューイ家の写真たちがとても良かったです。
こういう奇蹟をたくさん見たいって思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「イングロリアス・バスターズ」 [★]


イングロリアス・バスターズ 【Blu-ray ベスト・ライブラリー】

イングロリアス・バスターズ 【Blu-ray ベスト・ライブラリー】

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

原題: INGLOURIOUS BASTERDS
監督: クエンティン・タランティーノ
脚本: クエンティン・タランティーノ
出演: ブラッド・ピット/ダイアン・クルーガー/メラニー・ロラン/クリストフ・ヴァルツ
2009年/アメリカ映画
2009年アカデミー賞: 助演男優賞(クリストフ・ヴァルツ)など他多数(アカデミー賞作品賞ノミネート)



<あらすじ>
ナチス占領下のフランスで、ハンスという'ユダヤ・ハンター'に家族を皆殺しにされたショシャナは、何とか逃げ延び映画館を経営するようになっていた。
また、アメリカ人アルド・レイン率いる部隊'イングロリアス・バスターズ'は、次々とナチスを虐殺し、その残虐な手口によりドイツ軍を怯えさせていた。
ドイツ兵の一方的な恋心により、ショシャナの映画館で彼の主演する映画「国民の誇り」のプレミア上映が開かれることになった。
そこにヒトラーをはじめ、ナチスの中心人物が一堂に会することを知ったショシャナ、バスターズはそれぞれ彼らを皆殺しにするべく、暗殺計画を遂行しようとするが、そこにハンスが現れる...。

<感想>
やっぱりタランティーノとは合わないなあって感じた。
ストーリーがおもしろくないってわけじゃないんだけど、彼の映画は“痛み”がリアルでしょ。
だから画面を直視できないことが多くて、結果全体的に楽しめなくなっちゃうんだ。
私には向いてない。
その辺を楽に見れれば、彼特有のユーモアを感じられるんだろうけど...。

他に気に入らなかったのは、女の人のやることって、何でああも詰めが甘く描かれちゃうんだろう?ってこと。
ドイツ人女優はミスしまくりだし、ショシャナはあの英雄的ドイツ兵を殺し切れない。
私がショシャナなら、近づいて頭にもう1つ撃ち込むけどな...なんて思った。

この“女性のミスがきっかけで作戦がダメになる”の構図は、他の映画でもかなり出てくるので、ある意味どちらも失敗する(今回は結果には響かないけど)のは予想できたんだけど。
やっぱり同じ女性としては不満です。

ハンス役のクリストフ・ヴァルツ、各国の映画祭で賞を取ってるみたいだけど、確かに怪演だった。
最初からこの人イヤーって思わせられたし、最後のいやらしさも気味が悪いくらいだったし。
すごいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。