So-net無料ブログ作成

「マイレージ、マイライフ」 [★★★]


マイレージ、マイライフ [Blu-ray]

マイレージ、マイライフ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray

原題: UP IN THE AIR
監督: ジェイソン・ライトマン
脚本: ジェイソン・ライトマン/シェルドン・ターナー
原作: ウォルター・カーン(「マイレージ・マイライフ」)
出演: ジョージ・クルーニー/ヴェラ・ファーミガ/アナ・ケンドリック
2009年/アメリカ映画
2009年ゴールデン・グローブ脚本賞(ジェイソン・ライトマン/シェルダン・ターナー)/NY批評家協会賞: 男優賞(ジョージ・クルーニー)など他多数(アカデミー賞作品賞ノミネート)

★★★

<あらすじ>
解雇通知を仕事とするライアンは、年間300日以上出張でアメリカ中を飛び回わり、そんな生活に彼なりの哲学を見いだし、気楽なシングルライフを楽しんでいた。
しかし新人社員ナタリーの改革案により、その仕事をweb回線で行うことになりかける。
100万マイル飛ぶことが人生の目標だったライアンは猛反発したため、ナタリーに現実を見せるべく、出張を共にすることになってしまう...。

<感想>
私には全体的に悲しい映画に感じた。
まず、ライアンの哲学に共感を持てなかった。
と言うのは、長年楽しみ、守ってきた彼の生き方を、新人社員に翻弄されて、挫折してしまうのが残念だったんだ(ナタリーみたいな若い子っているな~って、むかついたのもある)。

妹の結婚式で家族らしいことをしたからかもしれないけど、転勤がなくなると決まった途端、それまでライトに繋がっていたアレックスを自宅まで追いかけるほど、アイデンティティーが崩れてしまう。

しかも同種の人間だと思ってきたアレックスには、実は家庭があることを知ったり、さっき書いたように仕事のやり方が変わったりで、ライアンはまるで落ちぶれた人みたいになってしまうのね。

結局ナタリーが辞めたことで、仕事じたいは元通りにもなったし、夢の100万マイルも達成できるんだけど、1度人に繋がりを求めてしまった後のライアンの生活はきっと孤独感を感じずにはいられなくなると思うから...。

確かにみんなそういうところがあるけど、ライアンの価値観てそんなに脆いものだったんだ...と感じるだけに終わってしまったかな。
その奥の普遍性まで見られてたら、きっといい映画になったと思うんだけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「アレキサンダー」 [★★☆]


アレキサンダー【Blu-ray】

アレキサンダー【Blu-ray】

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray

原題: ALEXANDER
監督: オリヴァー・ストーン
脚本: オリヴァー・ストーン/クリストファー・カイル/レータ・カログリディス
出演: コリン・ファレル/アンジェリーナ・ジョリー/ヴァル・キルマー/アンソニー・ホプキンス/ジャレッド・レトー/ジョナサン・リス=マイヤース/ロザリオ・ドーソン/クリストファー・プラマー
2004年/アメリカ映画

★★☆

<あらすじ>
紀元前356年、マケドニア王フィリッポスと女王オリンピアスの間に、アレキサンダーが誕生する。
しかし夫婦仲が極めて悪かったため、権力に固執する母親は自らの野望を息子アレキサンダーに注ぐようになっていった。
そして紀元前336年、フィリッポスが何者かに暗殺されたことにより、アレキサンダーは弱冠20歳で王となる。
彼は幼少時代から共に学んできた友や家臣と共に、長い東方遠征に出かけ、歴史上初めて世界を統一したが...。

<感想>
1人の歴史上の人物の人生を描くからだとしても、とにかく長かった。
大半が戦争のシーンだった印象で、結局ストーリーがあまり心に残ってない。
それがまた、リアル過ぎて気持ち悪いから、焦点合わせられなくて。

母オリンピアスとの関係やヘファイスティオン(幼なじみの男性)との愛は多少描かれるものの、私にはアレキサンダーという人物の描写が全く物足りなかった。

史実を追いながらも、なぜアレキサンダーが若くして王になってすぐにあんなにも領土を広げられたのか、なぜ彼は東方遠征にあんなにも固執したのか、彼にどんな魅力があったから家臣や兵たちが長い遠征を続けられたのか、それがなぜ崩壊していったのか...等など、もっとちゃんと見たかったなあと思う。

この辺の時代の話には元々興味があったからなおさら。
多かれ少なかれ想像の部分はあるはずだから、もっとドラマチックにしてくれても良かった気がする。
また歴史の教科書を読みたくなりました。

それにしてもアレキサンダーにコリン・ファレルはないなあ~...。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「エアベンダー」 [★★]


エアベンダー ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

エアベンダー ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray

原題: THE LAST AIRBENDER
監督: M・ナイト・シャラマン
脚本: M・ナイト・シャラマン
原作: ニコロデオン(アニメ「アバター 伝説の少年アン」)
出演: ノア・リンガー/デヴ・パテル/ニコラ・ペルツ/ジャクソン・ラスボーン/クリフ・カーティス/ジョーン・トーブ
2010年/アメリカ映画
2010年ラジー賞: ワースト作品賞/ワースト監督賞(M・ナイト・シャラマン)/ワースト脚本賞(M・ナイト・シャラマン)など

★★

<あらすじ>
4つのエレメント(火・水・土・風)の王国によって世界の平和が保たれていた。
各王国にはそれぞれの国のエレメントを操る'ベンダー'がおり、中でも4つとも操れる使い手を'アバター'と呼び、世界に調和をもたらす唯一の存在とされていた。
輪廻によりアバターとなった気の国の少年アンは、その責務の重さゆえ自らを氷の中に閉じ込めてしまった。
その後火の国が反乱をおこし、気の国は全滅し世界の平和は破られてしまう。
その100年後、アンの入った氷の塊が、水の国の兄妹によって発見され、アンは救い出される。
アンはやっと自分の宿命を向き合うため旅に出るが...。

<感想>
映画が上映される頃のCMを見る限り、かなり見たいと思った映画の1つでした。
「X-MEN」等々、特殊能力ものがわりと好きなんです。
"選ばれし者"とか"逃れられない運命"みたいなキーワードにすごく惹かれるんだ。

運命から逃げ出そうとしていたアバターのアンや、まだうまくベンダー(1つのエレメントを扱える人のこと)になりきれないカタラやその兄サカ。
そして火の国から追放された王子ズーコ、本当はものすごい力を持っている火の国の王オザイの兄アイロ、水の国の女王、月や海の精霊などなど、1つ1つのキャラクターや世界観はおもしろかった。
特にアッパっていう空も飛べて氷の海も泳いで渡れる大きい白い動物はけっこう好きかも。
元々はアニメの原作があるみたいです。

ただ、「ラジー賞を取ってる」って知って見たから、私も少々厳しい目になったかもというのは否めないけど、何て言うか、俳優さんが全然輝いていないというか、B級感がたっぷりなんだよね。
演技がどうとか詳しいことは置いておくとしても、どうにも学芸会にしか見えない感じがした。
舞台・セットは立派なのに...っていう残念さ。
キャラクターに魅力があるのは分かってるだけに、どうしてこんな表現にしかならなかったのか逆に疑問だと思ってしまいました。

1話完結だと思ってたけど、続編があるような形で終わったの。
でもこれ、そこまで酷評されてて続編はあるんだろうか。
もしあったら見るかは分からないとしても。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「フィリップ、きみを愛してる!」 [★★]


フィリップ、きみを愛してる! [DVD]

フィリップ、きみを愛してる! [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

原題: I LOVE YOU PHILLIP MORRIS
監督: グレン・フィカーラ
脚本: グレン・フィカーラ/ジョン・レクア
原作: スティーヴ・マクヴィカー(「I LOVE YOU PHILLIP MORRIS」)
出演: ジム・キャリー/ユアン・マクレガー/レスリー・マン
2009年/フランス映画

★★

<あらすじ>
元々は妻子とともに平凡で幸せな生活をしていたスティーヴンだったが、ある日交通事故にあって死にかけたのをきっかけに、自分に正直に生きようと決意し、自分がゲイであると告白する。
元々頭のいい彼は、ゲイとしての暮らし(なぜかリッチな暮らしでなくてはいけないと思っている)をキープするために詐欺を働くようになるが、見つかって刑務所行きになり、そこでフィリップという青年と運命の出会いを果たす。
彼を愛するあまり獄中でも外に出ても相変わらず嘘ばかりついていて、とうとうフィリップに愛想を尽かされてしまうが...。

<感想>
これ実話なんだそうです。

犯罪はいけないことだし、2人の愛が本物だけにお金なんか関係ないと思うんだけど(フィリップが実際スティーヴンにそう言うシーンがある)、スティーヴンのあの手この手のお金の入手方法や脱獄の方法のアイデアがすごくて、それがおもしろいんだ。
そんなに簡単に人って騙せるんだろうかって思うほど。
その芸達者ぶりがジム・キャリーの個性と妙にはまって余計おもしろかったような気がする。

"金髪でブルーアイズ"のゲイにユアン・マクレガーで、これも仕草等々演技がすごい。
女の子の格好をしたりしてるわけじゃないのに、完全にかわいい女の子に見えた。

犯罪の実話ってことで「インフォーマント!」を思い出したけど、こっちの方がずっとおもしろかったかな。
ただね、ゲイに偏見はないつもりだけど、見ていて結構過激と言うか下品に感じるセリフや映像があってかなり引いてしまったの。
だいたいゲイって言うと「そういうことばっかり考えてる」みたいな描かれ方が多い気がするけど、それって本当に思えない。
好みって男女問わずあると思うし、だからそういうシーンばかり描くことはないと思ったんだけどな。
特にこれはコメディという体裁だけど、スティーヴンとフィリップの関係はあくまでも純愛だと思うから...。
そんな理由から、私としては星の数をあんまり多くはできませんでした...。

これ、フランス映画なんだね(またリュック・ベッソンが製作総指揮)。
登場人物や舞台等全てがアメリカだし、とても意外でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「パリより愛をこめて」 [★★]


パリより愛をこめて [Blu-ray]

パリより愛をこめて [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

原題: FROM PARIS WITH LOVE
監督: ピエール・モレル
脚本: アディ・ハサック
原案: リュック・ベッソン
出演: ジョン・トラヴォルタ/ジョナサン・リス・マイヤーズ/カシア・スムートニアク
2010年/フランス映画

★★

<感想>
ピエール・モレルがリュック・ベッソンとまたまた組んだアクション。
信頼されてるんだね。

トラヴォルタ演じるチャーリーがバタバタと中国系やアラブ系の麻薬&テロ組織を倒していくシーンは、「96時間」同様圧巻だった。
それとは対照的な新人CIA候補で現在アメリカ大使館員のジェームズのキャラクター設定も良かったかな(絶対人は殺さないなど)。
ジョナサン・リス・マイヤーズの頼りなげなきれいな顔が似合っていたと思う。

ただ、いくら痛快アクション映画とはいえ、もう一息物語を深めてはほしかったかな。
婚約者のキャロリンが実は組織の手下だったことを知って、ずっと愛し続けた彼女を犯人として追わなくてはいけなくなるジェームズ。
これって偶然だけど、CIAとなれる人材か試されていることに等しいと思うの。

彼は最後そんな彼女の頭を撃ち抜いて多くの人々を守るけれど、そこにはもっと苦悩や後悔もあって当然だったように思う。
それなのにエンディングでは、空港にチャーリーを見送りに行った時、軽口をたたきながら得意のチェスをして終わっちゃうんだよね。
ちょっと前まで人を殺して(実際は銃口を向けた相手が引き金を引いたんだけど)ものすごい悩んでいたし、キャロリンのことだって「説得する!」って一生懸命だったのに...。
ずいぶんあっさりじゃない?って妙に違和感。

とはいえ、このお似合いのデコボココンビの続きをちょっと見てみたい気がします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「NINE」 [★★]


NINE [Blu-ray]

NINE [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • メディア: Blu-ray

原題: NINE
監督: ロブ・マーシャル
脚本: アンソニー・ミンゲラ/マイケル・トルキン
原作: アーサー・コピット
出演: ダニエル・デイ=ルイス/ファーギー/ケイト・ハドソン/ジュディ・デンチ/ニコール・キッドマン/ペネロペ・クルス/マリオン・コティヤール/ソフィア・ローレン
2009年/アメリカ映画

★★

<感想>
豪華な女優陣それぞれの歌と踊りのシーンはなかなか良かった。
特にケイト・ハドソンのは見てて楽しい気分になれたし、逆に奥さん役のマリオン・コティヤールのシーンは、ダメ夫に対する愛憎が爆発してて心に迫るものがあった。

でもこの映画に関してはいい部分はそれだけ。
オープニングのそうそうたる顔ぶれから感じる高揚感・期待感は一気に下降させられる。

主人公の映画監督グイドは何の案もないまま映画撮影に突入して苦悩してるんだけど、そんな最中も女が大好きのだらしない男。
モノクロ時代のイタリア映画やフランス映画によくいる、ダメなのになぜか女にもててしまうという男の人なんだけど、グイドに関しては全くその理由のような匂いが感じられないので、本当にただのダメな男にしか見えなかった。
それがこの映画の最大の敗因・誤算ではと思う。
監督のせいなのか俳優のせいなのかは分からないけど。

妻が去ったことで一応反省し、自分を取り戻せたからなのか、また映画製作が始まるというところで終わるんだけど、また豪華な顔ぶれが一堂に会するの。
そこでまたちょっと楽しい気持ちにはなれる。
特にソフィア・ローレンの美しき貫禄はさすがって感じでした。
その後味の良さと歌のシーンとで★2つとしました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アバター」 [★★★☆]


アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]

アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

原題: AVATAR
監督: ジェームズ・キャメロン
脚本: ジェームズ・キャメロン
出演: サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガニー・ウィーヴァー/スティーヴン・ラング/ミシェル・ロドリゲス
2009作年/アメリカ映画
2009年アカデミー賞: 撮影賞/美術賞/視覚効果賞など他多数(作品賞ノミネート)

★★★☆

<感想>
前に映画館で3Dで見て、今回で2回目の観賞。
映画館で見た直後はおもしろかった!って確かに感じたんだけど、日が経つにつれ「そんなに(世間が騒ぐほど)本当に良かったかな」と思えてきたので、今一度確認したかったのです。

で、やっぱりおもしろいなって(笑)。

ストーリーは王道(単純)だけど、世界観とイマジネーションには圧倒される。
あの星の生きものを1つ1つ作り上げた人たちってすごいなって、素直に思っちゃった。

映画全体の色合いも好きで、特にエイワの木って、同じくジェームス・キャメロン監督の「アビス」っぽくて好きだな。

ストーリーの中で特に好きなのは、ナヴィたちだけじゃどうしようもなくなりそうな時に、動物たちがスカイ・ピープル(地球人)たちと戦い始めるところ。
そしてその後黒い豹のような動物が、ネイティリに背中に乗れという仕草をするシーン。
鼻の頭がツンと痛くなるような、感激の涙が出てしまいました。

関係ないけど、「ロード・オブ・ザ・リング」の第2作でも、どっちつかずだったエントたちが戦い始めるところがいちばん好きなんだけど、きっとそういうのが私の感動のツボの1つなんだなあと、新しい発見をした感じです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ゼロの焦点」 [★☆]


ゼロの焦点(特典DVD付2枚組)<Blu-ray>

ゼロの焦点(特典DVD付2枚組)

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

監督: 犬童一心
脚本: 犬童一心/中園健司
原作: 松本清張(「ゼロの焦点」)
出演: 広末涼子/中谷美紀/木村多江/西島秀俊/鹿賀丈史/杉本哲太
2009年/日本映画

★☆

<あらすじ>
時代は第2次大戦後。
お見合いで結婚した夫が、赴任先の金沢で失踪してしまった。
禎子は探しに行くが、調べれば調べるほど、自分がいかに夫のことを何も知らないか痛感する。
そして次々と関わりある人物が殺されていく...。

<感想>
久しぶりの日本映画です。
ふだん外国のばかり見ていると、どうしてもスケールの違いを感じてしまうけれど(大作という意味でなく)、これもテレビのスペシャルドラマの域を出ていないなという差を感じてしまったかな。
スクリーンで見ていないけど、でもたぶんどちらにしても、奥行きのようなものは感じられなかったと思う。

配役はなかなか適当で良かったような気がする。
広末はいくつになっても(2度の結婚&2人の子どもがいても)何だか初々しいし。
中谷美紀もすごい美人なのに幸薄そうっていう、私のイメージにびったりだった。

とにかく淋しい話だったな。
今の時代だとなかなか成立しない状況ではあるけど、禎子にはなりたくないし、他の2人にも絶対なりたくない。

男って嫌だなって思っちゃった。
そんな単純じゃないのも分かってるけど。
やっぱり後味悪い...。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。