So-net無料ブログ作成

「Dr.パルナサスの鏡」 [★★]


Dr.パルナサスの鏡 [Blu-ray]

Dr.パルナサスの鏡 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

原題: THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS
監督: テリー・ギリアム
脚本: テリー・ギリアム/チャールズ・マッケオン
出演: ヒース・レジャー/クリストファー・ブラマー/リリー・コール/アンドリュー・ガーフィールド/トム・ウェイツ/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/コリン・ファレル
2009年/イギリス/カナダ映画

★★

<感想>
モンティ・パイソンはおもしろいと思うけど、どちらかと言うとテリー・ギリアムは苦手かもしれない。
「未来世紀ブラジル」もよく理解できなかったし、「12モンキーズ」や「ラスベガスをやっつけろ」は気持ち悪いと思っただけだった。
ただ、ヒース・レジャーが撮影途中で亡くなってしまい遺作になったとか、その後をジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継いだとかなので、押さえておきたかった1本ということで観賞しました。

パルナサス博士の不思議な鏡の中に入ると、自分の欲望の世界を体験できるということをベースにしたファンタジーで、独特の世界観は堪能できる。
今まで見たことのある彼の作品よりはずっと見やすい映画。

でもストーリーはあるけど、一応って感じなので、そこらへんをどう考えたらいいのか分からないのが難しい。
鏡の中の世界がどんななのかが分かるまでが長いし、私には退屈だった。
でも鏡の中がいよいよ出てくると、動く絵画(イラスト)を見ているような楽しい気持ちと、恐くて悪趣味な絵本を見せられているような緊張感が味わえて楽しい。
だから好きか嫌いかだと好きだけど、おもしろかったか否かだとおもしろくはないとなってしまうかな。

さっき書いたヒース亡き後の3人の出演は、最初からそうだったんじゃ?というほど違和感がないので、もしかして話を書きかえたのかなあと思ってしまった。
それぞれ別の人の心の中なので、顔が違うのはある意味当然なのかもとさえ思わせる説得力はあった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「96時間」 [★★★★]


96時間 [Blu-ray]

96時間 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

原題: TAKEN
監督: ピエール・モレル
脚本: リュック・ベッソン/ロバート・マーク・ケイメン
出演: リーアム・ニーソン/マギー・グレイス/ホリー・ヴァランス/ファムケ・ヤンセン/オリヴィエ・ラブルダン
2008年/フランス映画

★★★★

<感想>
事件が起こってからのテンポが良く、ストーリーは潔く痛快でかなり楽しめた。
1時間30分くらいの短い映画だったのも、エピソードの凝縮に一役かっている気がして好印象。

リーアム・ニーソンって好きな俳優の1人だな。
「シンドラーのリスト」、「レ・ミゼラブル」、「スター・ウォーズ」、「ラブ・アクチュアリー」など守備範囲が広いし、知的オーラが魅力。

「96時間」はさらわれた娘をその時間内に見つけないと、取り返しのつかないことになるタイムリミットを表しているんだけど、途中で状況が変わってくるし、タイトルにするほど(邦題のみ)ではないかも。

一緒にさらわれた友だちは96時間なんか全然たってないうちに死んでるし(もしくは意識がないほど薬漬けにされている)、そこは「娘がそうなっていたら話が終わっちゃう」と思いながらもドキッとしてしまうところ。

それにしてもCIAという組織は本当にあんな能力と精神力を持った人をたくさん擁しているんだろうか?
特に今回はチームでなく単独での救出だったから、知力・武力共に速く、強い。
(奥さん役がファムケ・ヤンセンだから、ただの主婦役なのにX-MEN的活躍をどうしても期待してしまった(笑))

先の先まで読んだ計算された行動には無駄がなく、もちろん咄嗟の判断力も常に正解。
犯人グループや、その奥とさらに奥にいる人間たちが救いようのないほど悪なので、白黒が鮮やかで楽しい。

最後、あれだけ大暴れしたわりに、普通に娘とパリから帰国してるシーンになったことには、多少違和感は感じたけど、こういういい意味での情緒のない映画には野暮な感想なんだろうな。
その辺がリュック・ベッソン印というところでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

「第9地区」 [★★★☆]


第9地区 [Blu-ray]

第9地区 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

原題: DISTRICT 9
監督: ニール・ブロンカンプ
脚本: ニール・ブロンカンプ
出演:シャールト・コブリー/デヴィッド・ジェームズ/ジェイソン・コーブ/ヴァネッサ・ハイウッド
2009年/アメリカ/ニュージーランド映画
2009年アカデミー賞作品賞ノミネート

★★★☆

<感想>
エイリアンが難民のような立場で地球上に暮らしているというちょっと強引にも思える設定(もう20年間も)が、ドキュメンタリータッチに描くことで不思議と納得させられ、次の展開は?とすんなり入り込めた。

また、エイリアンが住み着いた土地が南アフリカで「白人専用」ならぬ「人間専用」がある...というような解説も、アパルトヘイトを思い起こさせる感がわざとらしいほど安易で粗っぽく半分笑えるけど、主人公ヴィカスがエイリアンに感染したところから話の方向転換があり、さらにおもしろくなってくる。

見た目は劇中「エビ」とか「昆虫」と呼ばれるエイリアンで、かなり気持ち悪いんだけど、クリストファーという名のエイリアン親子には愛情や仁義があることが描かれる。
一方で、ヴィカスやその回りの人間たちはエゴ丸出し。
だからついその親子を応援し、人間て最悪だなと思ってしまうんだけど、そんな展開って「アバター」と似ているなあと思った。

クリストファー親子は何とか壊れていた母船を動かすことに成功し故郷に帰るけど、ヴィカスを治すために約束通り戻ってくるのかは描かれない。
ヴィカスは最後傭兵に殺されそうになるところを周りのエイリアンに助けられ(仲間と思われるまで感染が進んでいるからか...?)、その後完全に「エビ」になりスラムでまだ生きているのかなという中途半端なところで終わる。

全然期待していなかった(プラスあまり内容を知らなかった)分はあるけど、そんなエンディング含め、けっこうおもしろかった。

読めるような読めないような...という展開と、オープニング同様時々挿入されるドキュメンタリーテイストな“専門家の談話”に、大まじめで笑える...に似てるブラックさを感じた。
だって例えばエイリアンの大好物が“猫缶”っていうことが、あくまでマジメに語られるんだもん。

内容的に心に残るとか考えさせられるとかでは決してないけど、笑っていいのかSFものとして見るのかというつかみどろこのなさが絶妙で、私はわりと満足です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。