So-net無料ブログ作成
検索選択

「バレンタインデー」 [★★★★]


バレンタインデー [Blu-ray]

バレンタインデー [Blu-ray]


原題: VALENTINE'S DAY
監督: ゲイリーマーシャル
脚本: キャサリン・ファゲイト
原案: キャサリン・ファゲイト/アビー・コーン/マーク・シルヴァースタイン
出演: アシュトン・カッチャー/ジェシカ・アルバ/ジェシカ・ビール/ジェイミー・フォックス/ジェニファー・ガーナー/アン・ハサウェイ/シャーリー・マクレーン/ジュリア・ロバーツ
2010年アメリカ映画

★★★★

<感想>
「ラブ・アクチュアリー」が好きなら気に入る映画。
バレンタインデーという1日に様々な登場人物が交差しつつ、それぞれの物語が展開する。

みんながいろいろ抱えてて、悲しかったり幸せだったり泣いたり笑ったり...
私はこういう「ドラマチックじゃないドラマ」が大好き。
人が人を想ってて(愛してて)、それっていろんな意味で豊かなことだと思うから。

もっと多くの人々がこの手の映画に感動できるようになったら、世界が平和になるのでは?と思ったりする。
日常という素晴らしさを改めて感じられた。

それにしても、私はこども関係で泣きすぎ(笑)
ジュリア・ロバーツのエピソードがやっぱりいちばん印象的。

「2012」 [★★]


2012 [Blu-ray]

2012 [Blu-ray]


原題: 2012
監督: ローランド・エメリッヒ
脚本: ローランド・エメリッヒ/ハラルド・クローサー
出演: ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/オリヴァー・プラット/タンディ・ニュートン/ウディ・ハレルソン
2009年アメリカ映画

★★

<感想>
救いのない映画...自然の猛威の前になす術がなく、あっけなく大量の人間たちが死んでいくところにかえってリアルさを感じたかも。
主人公たちは結局助かるが、周りの人が次々と死ぬのは必要だったのかな?
「生き残りゲーム」みたいに感じてしまい、アメリカ大統領やイタリア首相、ローマ法王やダライ・ラマが地球の運命を受け入れ船に乗らなかったエピソードが霞んでしまう気がした。

「この子たちだけでも助けて!」という母親のセリフがあったんだけど、私だったらどうするかな?と考えた。
このことを「荒廃」と考えるか「再生」と考えるかで変わってくるよね。
りーが生きている間はひどいことが起きないよう祈るのみです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。