So-net無料ブログ作成
検索選択

「レオン」 [★★★★☆]


レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

原題: LEON THE PROFESSIONAL
監督: リュック・ベッソン
脚本: リュック・ベッソン
出演: ジャン・レノ/ナタリー・ポートマン/ゲイリー・オールドマン/ダニー・アイエロ
1994年/フランス/アメリカ映画

★★★★☆

<あらすじ>
麻薬がらみで警察官に家族を皆殺しにされた12歳の少女マチルダは、偶然隣に住む凄腕の殺し屋レオンに助けを求め助かった。
人を寄せつけず暮らしてきたレオンだったが、戸惑いながらも救いの手を差し伸べることになる。
警察のスタンフィールドが自らの利益のために、小さな弟まで殺したことを知ったマチルダは彼に復讐するべく、自分を殺し屋に育ててくれとレオンに頼み込む。
しかたなく殺しのテクニックを教えるレオンと、その代わりに読み書きを教えるマチルダ。
やがて2人の間には父娘とも恋人ともつかない愛情が芽生えていく。
そしてある日、マチルダは単独で警察に乗り込むのだが...。

<感想>
DVD所有映画です。
昔映画館で見て、すっごい泣いた映画。
今回もやっぱり泣いちゃったけど。

ナタリー・ポートマンのかわいさは尋常じゃない。
そしてかわいいだけじゃなく、なぜか色っぽい。
おじさんとの恋みたいな部分もあまり無理がなく感じます。

何回見ても、「助かって!」って手に汗をかいてしまうから、あの出口の光がぐにゃって崩れていくシーンは本当に切ない...。
その後彼女はどんな女性に育っていくんだろう...?

ゲイリー・オールドマンの憎たらしさって言ったら、もう本当にひどい。
こういう役が多いけど、この映画がピークではないだろうか?
その後ハリポタやバッドマンでいい役やってるもんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 [★★★★]



監督: 武内英樹
脚本: 衛藤凛
原作: 二ノ宮知子(コミック「のだめカンタービレ)
出演: 上野樹里/玉木宏/瑛太/水川あさみ/小出恵介/ウエンツ瑛士/ベッキー/山田優/吉瀬美智子/竹中直人
2010年/日本映画

★★★★

<あらすじ>
自分たちの成長のため、離れ離れに暮らすことを選んだのだめと千秋。
そんな時、千秋にルイとの共演の話が持ち上がる。
千秋が遠い存在に感じ始めたのだめは、コンクール出場を焦るがオクレール先生は許可を出してはくれず、「音楽と向き合え」と言うばかりだった。
そんなのだめに千秋が久し振りに、レッスンをつける。
清良のコンクール出場の応援にかけつけた峰と真澄ちゃんと共に会場に行ったのだめは、そこで出会ったピアノ曲"ラヴェルのピアノ協奏曲"に感銘を受け、いつか千秋と共演したいと無邪気に願う。
しかし、その曲は千秋がルイとの共演で使用する曲目であるばかりか、想像していた以上の完璧な演奏を見せつけられてしまう。
のだめが失意のどん底へ落ちているただ中にシュトレーゼマンが現れ、自分の指揮でデビューしないかと誘われる...。

<感想>
クラシック音楽の魅力もあるけれど、やっぱりのだめと千秋先輩の関係、想い方を私と主人に重ねてしまって、似てるところが多くて感動する。
特に千秋先輩がどんどん変わっていく様子が、私たちとも似てるなーって(笑)。

だからルイには本当にイライラさせられる。
山田優のことが嫌いになりそうなくらい(笑)。

私は千秋先輩ののだめへの評価がとても好きなんだ。
ふだんは「変態」とか言ってぞんざいに扱ってるのに、彼ほどのだめの音楽の才能を認め、よろこんでいる人はいないもん。
「どうしてもあのステージへ連れていきたい」とか、「いつしかのだめとの将来を考えてる」とか、もう最高。

まんがも読んだんだけど、のだめってこれで終わりなの?
結局千秋との共演シーンが見られないのは、かなりショックです。
映画では想像映像みたいな感じで見ることができたけど、こんな形で終わってほしくないなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。